梅仕事と生姜仕事


梅雨・入梅。という文字通り、六月は梅仕事の季節。
農家さんによると、今年は例年に比べて梅の終わりが早いそうで、
六月の初めから慌てて今年も夏のドリンクの準備を始めました。

コロコロとした姿が見ているだけでも嬉しくなる青梅をザルにあけて

黄色くなり甘い匂いがしてくるまで風通しの良い日陰に置いて追熟させ、

ヘタを取り、水で洗って水気を切り、焼酎で拭いて殺菌し、

氷砂糖とザラメ糖、美濃の内堀醸造さんのリンゴ酢と
京都の村山造酢醸造さんの千鳥酢(米酢)と合わせて、
(上図は、お酢を半分入れたところ…実際は倍量入ります。すっぱいです。)

朝と夕とにひっくり返し続け、時々脱気して発酵気味の空気を抜き…。
現在は、砂糖がすべて溶けて、梅の実が段々シワシワになってきました。

おいしくなーれー。
 
7月からは、日曜日に、テイクアウトだけでも始めたい…と、現在
少しずつ準備を始めていますが、無事この梅サワーも出せますように。
と願っています。(ごく稀に、過発酵で失敗することがあるのです…orz)

7月からのテイクアウト営業については、また日程や
営業時間・メニューなどの詳細を決定次第、お知らせさせていただきます。

下記は、おまけの生姜仕事について。
ジンジャーエールは、ピリリと辛めのみじん切りが好きです。

続きを読む »



年末年始の営業について&〔ホット柚子かぼす〕おすすめです


年内最終営業日は、12月24日(土)です。

12月31日(土)は、年末のお休みをいただきます。

2017年は、1月7日(土)より、営業いたします。

よろしくお願いいたします。

 

ひとつ前の写真でクリスマスプディングと一緒に写っている飲みものは、

今月からお出ししている〔ホット柚子かぼす〕です。

柚子とかぼすの果汁をたっぷり絞り、きれいな部分の果皮を削り、

長野県木曽地方産の栃の実はちみつと洗双糖と溶かし合わせたシロップを、

ストーブで沸かしたお湯で溶いて、お出ししています。

 

次の水曜日には、冬至ですね。

厳しい冷え込みの翌日に不意に暖かくなる日もありますし、

また一年で一番陽の短くなるこの時期は、

例年、体調を崩す人も増える時期のようです。

「風邪には休息がいちばんの薬」といいますが、

風邪の引きかけや、疲労が溜まってきた時には、

ビタミンCや温かいものを摂ることも良いようです。

 

年内最終営業日となる次の土曜日も、

ビタミンCたっぷりの飲みものや温かい飲みものと、

温かいデザートをご用意して、お待ちしております。



Old »


Home